場内マップ ふところ館 天然水・温泉スタンド 門前物産館 お食事処せせらぎ亭 陶芸館 思い出博物館 足湯喫茶はんせ みはらし館
清水・温泉スタンド 源泉井戸(1508m)

天然水・温泉スタンド (20リットル100円)                源泉井戸(1508m)

当源泉は地下1508メートルより沸き出し、地上湯温33.9度、湧出量毎分117リットル(170t/日)、泉質弱アルカリ性単純温泉です。

【温泉の効能】 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・慢性消化器病・間接のこわばり・打ち身・くじき・痔症・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進

※飲用にはご利用いただけませんので、ご注意ください。
※天然水をご利用時は、煮沸してからご利用ください。

一滴福泉観音

一滴福泉観音

せせらぎの湯句碑(伊丹三樹彦氏)

せせらぎの湯句碑(伊丹三樹彦氏)

未帰還将兵・特攻櫻花隊の供養碑

未帰還将兵・特攻櫻花隊の供養碑

未帰還将兵と特攻弔う 市川に供養碑完成。
市川町上牛尾の温泉施設「天然かさがた温泉せせらぎの湯」敷地内に、太平洋戦争の戦没者を弔う供養碑が完成し、2007年8月15日、開眼供養が執り行われた。地元の遺族ら約30人が参加し、戦地で散った命を弔った。

建てられたのは、戦地で消息を絶ち、遺骨が戻らない未帰還将兵と特攻隊を供養する碑2基と、13重塔。同施設の運営会社会長の広畑良記さん(75)は、兄が出征したまま帰らぬ人となり、戦後、遺骨すら戻ってこなかった。

以前から供養碑を建てたいと考え、町主催の慰霊祭が今年で終わるのを機に、供養碑を建立した。

開眼供養では、鉄かぶとと特攻機「櫻花」を乗せた碑の前で、参列者1人1人が焼香し、手を合わせた。広畑さんは「戦争を風化させず、平和に感謝するのが残った者の務め。遺骨はなくとも、魂だけでも古里で安らかに眠ってほしい」と話した。
義弟を亡くした近くの牛尾初子さん(83)も「これからはここにお参りしたい」と話した。

(2007年8月16日 神戸新聞掲載)

ご利用規約個人情報保護方針アクセスマップ・周辺案内